WordPressとTwitterを連携させるプラグイン導入方法

11_5_21_8-150x150

wordpressでの更新をTwitterに自動的にツイートしたり、自分のツブヤキをWordpressに表示させたりと双方に連携が可能になるプラグインが非常に便利なので紹介。

ダウンロード&初期設定

ダウンロード

Tweetable

上記リンクからプラグイン本体をダウンロードして解凍したフォルダをwp-content/plugins以下にプラグインをアップロードし、管理画面で有効化します。

Twitterのアプリ認証

Tweetableの有効化が終われば管理画面サイドバーに『Twitter』というボックスが追加されるので、その中の【install】を選択します。

WordpressとTwitterを連携させるプラグイン1

ここで重要なことがひとつ!この画面下部に1~5の番号がふられ解説文がリスト化されています。その項目の中の5番目の【コールバックURL】に表示されているURLをコピーしておいてください。次の申請画面で使います。

コピーしたら『STEP1』のアプリケーション申請をクリックしてTWIITERにログインします。

WordpressとTwitterを連携させるプラグイン2

Twitterアプリ申請

アプリ申請に必要な項目を入力します。筆者は以下のように入力。コールバックURLは先ほどの画面でコピーしておいたものを貼り付ける。入力が終われば保存して次へ進む。

WordpressとTwitterを連携させるプラグイン3

Consumer KeyとConsumer Secret

次にApplication Detailsという画面にConsumer KeyとConsumer Secretが表記されているのでそれぞれをコピーして次へ進む。

WordpressとTwitterを連携させるプラグイン4

WordPressのTweetable画面へ戻って続きの設定

WordPress管理画面のTweetableの設定画面へ戻り『STEP1』から次へをクリックし『STEP2』へ移動して先ほどコピーしておいたConsumer keyとConsumer secretを入力し保存して続けるをクリック。

『STEP3』ではTwitterのユーザ名を入力します。自分のTWIITERのユーザネームです。

『STEP4』でTWITTERの認証作業を行います。【Sign in with Twitter】をクリックし次画面で【アプリを認証】をクリックで導入が完了します。

使えるように設定する

サイドバー『Twitter』内の【設定】選び細かな設定をしていきます。筆者は下記のように設定しています。

WordpressとTwitterを連携させるプラグイン5

Tweetableの使い方

ツイートを表示する準備

サイドバーにツイートを表示させるにはウィジェットが使える環境であれば簡単です。【Tweetable】をエリアに設置して設定するだけです。使えない環境の場合は以下のリンクの関数を参照してください。

http://wordpress.org/extend/plugins/tweetable/other_notes/

Tweetableを使ってみる

Twitterからツイートしてみる

 Tweetableの使い方1

無事サイドバーに表示されていることが確認できました。

Tweetableの使い方2

Tweetableがうまく動かない場合

rss登録 rss登録 rss登録

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

コメントフィード コメントフィード

トラックバックURL: http://select.rash.jp/wp/161/trackback/