WordPressで特定の記事で表示・非表示を操作する方法

Wordpress-256-150x150

特定の記事によって出力を変える
例えばこの記事にはコメント欄がほしいけどこの記事にはいらないというときのためなどに使える小技です。備忘録程度です。

WordPressで特定の記事で表示・非表示を操作する方法

サンプルとしてある記事にはコメントテンプレートを出力しないというものを紹介します。

single.phpのコメント出力部分の

//この記述を編集
<?php comments_template( '', true ); ?>

この上記の記述を以下に修正。この場合test1という記事だけコメントの出力はしないようになります。

//test1という記事だけコメント出力しないときの記述
<?php if (!(is_single('test1'))) { ?>
<?php comments_template( '', true ); ?>
<?php } ?>

複数の記事に対して指定したい場合

このページだけコメントを非表示とする場合は上記でよいのですが、複数ページに対して指定するには配列を使って指定することが出来ます。

//複数記事に指定する場合はarrayに入れて記述
<?php if (!(is_single(array('test1', 'test2', 'test3')))) { ?>
<?php comments_template( '', true ); ?>
<?php } ?>

今回は特定の記事のみコメントを非表示にするというものにしましたが、他の出力にも使えるので覚えておいて損は無しです!

今日の選択理由

ちょっとしたことですが、覚書程度にブログにアップしておくと誰かに説明したいときに「あの記事に書いてあるよぉ~!見てみて!」って説明する手間が省けるってとこがチョイ書きの良いところです。まぁ~自分のため用の投稿ということになりますが、一応誰かのためにということにもしておきます。

rss登録 rss登録 rss登録

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

コメントフィード コメントフィード

トラックバックURL: http://select.rash.jp/wp/736/trackback/